本文へ移動

七五三詣

七五三詣について

「7歳までは神のうち」という日本の古い言葉があります。七五三は生まれてから節目節目に神社にお参りして、子供が無事に成長できた事への感謝の誠を捧げ、これからの健やかな成長を祈る神社へのお参りです。
七五三は日本古来より行われてきた下記の儀礼に由来します。
・3歳 髪置(かみおき)の儀
髪を伸ばし始め、髪型を変えるお祝い(男女共) 
・5歳 袴着(はかまぎ)の儀
初めて袴を着けるお祝い(男子)
 
・7歳 帯解(おびとき)の儀
大人と同じ帯に変えるお祝い(女子)
 
現代では3歳の男子女子、5歳の男子、7歳の女子が両親はじめ家族揃って神社にお参りして祈祷を受け、今までの成長を感謝し、これから先末永くお守りいただくよう祈りを捧げます。 
 
七五三の年齢は数え歳で行うのが正式ですが、満年齢で行う方も多くいらっしゃいますので、下記の早見表をご覧のうえお子様の成長に合わせてお参りください

令和5年七五三年齢早見表

年齢数え年満年齢
7歳(女子)
平成29年
(2017年)生まれ
平成28年
(2016年)生まれ
5歳(男子)
平成31年・令和元年
(2019年)生まれ
平成30年
(2018年)生まれ
3歳(男子女子共)
令和3年
(2021年)生まれ
令和2年
(2020年)生まれ
 

授与品、特典

●特典 
本殿前にて御家族の集合写真をお撮り致します。
印刷してその場で差し上げます(オリジナル台紙付き)
 
 
●授与品  
七五三特別御守り、記念品、千歳飴など
 
※付き添いのお子様にはお菓子セットをプレゼント
 

受付日、初穂料

●受付日  11月中の土日祝日は午前9時~午後4時まで随時受付しております。
 ※11月中の平日、その他の月に七五三をご希望の方は祭典等でどうしてもお受けできない日時がありますので事前に下記の番号へ連絡の上、予約を必ずお願いします。
     社務所 0795-72-0156
 
●初穂料   7000円(お1人につき)

令和の大修造ご奉賛(寄付)のお願い

0
2
9
4
3
5
2
TOPへ戻る